東京パパ|共働き夫婦の仲良し子育て珍道中

東京に住む共働き夫婦のリアルな日常。出産前の不安やワクワク感、家事の分担、子供との遊び、幼稚園の送り迎えや、気になるお金の話なんかを綴ります。

*

『Nクール』っていうニトリの夏用布団の口コミが大評判!

      2016/06/24

6月も中旬になり、日中は日が出ると暑いですねー。夏場は室内でガンガンクーラー!!と行きたい所ですが、電気代が気になって27℃設定とかにしちゃいます。クーラーは初動で多くの電気代を食うから付けっぱなしの方が安いとか聞きますけど、「換気扇かけたらどうなの?」「部屋の広さは?」「古い機種でもそうなの?」などと不安でいざクーラー付けるとやっぱりタイマーかけちゃいます。はい、チキンです。

 

2016y06m10d_103646006

 

 

ニトリのNクール、迷わず買ってみた

徐々に暑い日も増えてきた6月初旬。私は、迷わずにニトリのNクールという夏用寝具を購入しました。Nクールは、『ひんやり冷感で、夏を涼しく過ごす』というキャッチフレーズの元、2013年から売り出されています。まだ発売してから間もない商品ですが、年々改良されて、年々クールになっているようです。

 

さて、どうして私がNクールを迷わず購入したかと言うと、実はこの前の冬に同じくニトリさんから発売されていたNウォームの布団カバーとシーツを購入したんです。Nウォームに関する口コミレビューはこのブログに書いていますので、もし興味あればのぞいてみて下さい。

 

『Nウォーム』て名のニトリの掛け布団カバーの口コミが最強

 

で、このNウォームが本当に温かくて気持ちよくて最強過ぎたので、私はニトリのNシリーズの大ファンになってしまったのです。それで、今回は他人の口コミを見ることもなく、実際に店舗に行って肌触りを確認することもなく、本格的に夏が到来するのを待たずして購入したのです。

 

実際に使ってみた『Nクール』のリアル口コミ

まず、布団に寝転がってみて、そして布団をかけてみて思いました。「冷たっ!」

とにかくサラサラな肌触りで、明らかに室内の気温よりも低い温度を保っているように感じます。実はこれがまさにニトリさんの押しているポイントでして、接触冷感と言います。『手が触れたとき、「冷たい」と感じるのは、手から移動する熱の量が多いため。』らしいです。要するに、クーラーのように外的要因で体を冷ますのではなく体内から熱を放出することが出来る為、かなり即効性があります。

 

2016y06m10d_112345627

 

生地感はこんな感じです。写真でサラサラ感が伝わりきらないのが残念ですが、プニプニスベスベ系のぬいぐるみとかにありそうな触り心地です。わかりにくくてすみません(笑)

 

2016y06m10d_112357806

 

こちらの写真は、掛け布団のオモテ面(肌に触れない方)の素材です。この素材自体は手で触っても冷たく感じることもありませんし、特にNクール技術は施されていないようですが、こっちはこっちで気持ちいいです。

 

まだ夏本番を迎えていない為その真価は発揮されていませんが、明らかに従来の布団とは違うということはわかります。これでクーラーに頼らずに真夏のムシムシした夜を越えられそうです。また気温30℃を超えてきたあたりで追加口コミを書けたらなあと思っております。

 

追記:2016.6.24
ある程度使ってみて気づいたことを書きます。梅雨の時期に入り、室内もなんだかジメジメしてきますよね。そんな時に、このニトリのNクールが力を発揮します。最初に紹介したNクールの接触冷感素材がとってもサラサラしているのですが、この素材のサラサラ感が湿気にも非常に効果的です。通常の素材のシーツだと、体にベタつきがあるとき布団に横になるとその体のベタつきにより寝苦しさを感じますが、ニトリNクールのシーツの場合はベタつきが吸収されるような感覚になり、心地いいです。

 

ニトリ『Nクール』シリーズの寝具の購入を検討

 

 

ニトリ『Nクール』の敷パッド、かけ布団の口コミ評判まとめ

まだ本当の意味での結論は出ていませんが、個人的には「やはりニトリは本物だな」といった印象を受けました。29年連続増収増益はダテじゃないです。「お、値段以上」というコンセプトを守り、時代のニーズに合わせながらも常にお手頃なお買い得商品を出し続けるだけではなく、新たな技術や業界のスタンダードを生み出す力も持っています。

 

O家具が低価格路線に軌道修正してどうなるかが話題となっていましたが、付け焼刃で価格を下げてもブランド価値を下げるだけで、総合的に見るとニトリの足元にも及ばないでしょう。高級ブランドが価格を下げればニトリのような庶民的な価格帯のブランドに勝てると思ったら大間違いですよね。むしろ、逆だと思います。ニトリのように最高の技術力を持ちながらも低価格高品質の商品を出しているようなブランドが高価格帯ブランドを作れば、それはもう最高品質の製品が出来るはずです。

 

最後は少し話がそれてしまいましたが、夏の寝苦しさにお悩みのあなた!ニトリ『Nクール』シリーズの寝具を購入すれば電気代の節約になり、さらに寝心地も大幅アップです!

 

 

 - 住まいの話。, 普段の暮らしの話。